ヘッダー.png
 

従業員を支える新しいサービス
 ラビットマム 

 
 
Miwako_ラビットマム

ラビットマム / シニアプロフェッショナルメンター

Miwako

結婚により離職、その後家庭に入り3男1女の母となる。

4人の子供達も社会人となり、現在は、3人の新しい家族と5人の孫に囲まれ楽しく充実した毎日を過ごす。

プライベートを軸にキャリアを選択する従業員を、ラビットマムがサポートします

従業員ファースト経営を実現する新しいサポート

キャリアはPDCAによって成長を続けていきますが、私生活はそうはいきません。子育てや家の購入、親の介護、その全てが初めての連続であり、失敗ができない日々と向き合うことになります。 ライフイベントの経験者である第三者に相談できる機会を提供することで、従業員の悩みを軽減し、会社の生産性向上だけではなく従業員の幸福と健康に繋げます。

eristagram.la_13
公園の家族
小児科医と愛らしい女の子
社会的距離
 

大切な社員の声、聞き逃していませんか?

保険って入ったほうがいいのかな?勧誘されて迷っているんだけど、結構高いんだよな。(シングル / 20代)

インテリアデザイナー

相手との親族付き合い、色々と大変だな。こんなときどうしたらいいんだろう?(既婚者 / 30代)

育休を取ろうと思うんだけど、育児って一体何をすればいいんだ?(既婚者 / 30代)

 

キャリア観に影響を与えるプライベートの選択

終身雇用の終焉と人生の多様化

終身雇用の終焉が到来した今、従業員に与えるべき心理的安全性が崩壊しています。また、コロナによりリモートワークを導入している企業では、従業員のワークとプライベートが心理的だけではなく物理的にも近づく契機となりました。従来は、従業員のワークの部分を産業カウンセラーやコーチがサポートしていましたが、今後は従業員のプライベートをサポートできる存在が重要となってきます。

 

現状の職場環境のままでは、従業員にとってプライベートで抱えている心配事や不安を社内で話せません。

メンタルケアの負担減少

ラビットマム を導入することで、プライベートを社内に持ち込む社員が減ります。チーム内のコミュニケーションがより活発化することにより、職場での生産性が上がることが期待できます。また、上司によるチームのプライベートへの気遣いやメンタルケアの負担を低減させることができます。

 

育休から親の問題まで
あらゆる従業員のプライベート課題に応えます

Going for a Walk_edited_edited.png
介護.png
夫婦.png

産休・育休中の社員の相談窓口

D&Iや女性活躍、男性育児休暇取得に積極的な企業にオススメの利用方法です。ラビットマムの中から、育児やワンオペなどの豊富な経験を持つラビットマム をご紹介します。

ヤングケアラー相談窓口

国の問題となっているヤングケアラー。ラビットマムの中から、介護やヤングケアラー経験者をご紹介します。突然の離職を防ぐことにもつながります。

夫婦生活の相談窓口

今や3組に1組が離婚する時代。家庭内のトラブルは、仕事へのパフォーマンスに大きく影響します。社内からは見えない家庭内モラハラやメンタルヘルスへの解決につながります。

 

体験談をご覧ください

お客様のご感想

同棲している彼氏の話を相談できた。母と同じような安心感で、今まで誰にも相談していないことまで話せた。

1993年生 会社員

職業柄、カスタマーの話を聞くのが仕事のうちだったので、自分の話だけをしていいこの場所が嬉しかった。導入してくれたオーナーに感謝しています。

1995年生 会社員

ラビットマムのおかげで、在宅中の寂しさや、企業から見放されている感覚が少し減った。

1999年生 会社員

 

小規模事業者から大企業まで幅広く対応

従業員サポートで発生するさまざまなニーズやお悩みに、きめ細かく対応いたします。お気軽にご相談ください。

ハート.png

 メンタルヘルスの予防

相談経験が豊富なラビットマム が多数在籍。どんなプライベートなお話でも安心してお話いただけます。

日本.png

全国どこでも対応

全国各地にいるラビットマム が国内エリアを隅々までカバー。リモートでいつでも繋がります。

お金.png

小規模事業者から導入OK

感情のコントロールが大切な接客業の従事者にもオススメです。

ラビマム_青.png

女性在籍多数

女性、男性、LGBTQなどの性別に関わらず、子育てなどに対するお悩み相談もお気軽にしていただけます。

 

よくある質問

ラビットマムが誕生した背景が知りたい!

従来は、ご存知のようにワークを対象とした「産業カウンセラー」や「産業医」、「コーチング」「メンター」などが従業員サポートに利用されてきました。ところが、人生100年時代となった現在、人々は「ヤングケアラー」「育休」「産休」などプライベートの生活を中心としてワークを選択する傾向にあり、従来のワークを対象とした従業員サポートが機能しなくなってきました。従業員のモチベーションフォローやエンゲージメント向上を叶えるために、プライベートを気軽に相談できる機関が求められています。そこで誕生したのが、プライベートでの経験が豊富(育児、介護、家族問題、地域、夫婦など)なラビットマム・サービスです。

育休中の従業員も利用できますか?

はい、対応できます。育休中は、なかなか自分の思い通りにいかない小さな子供の世話をする日々が続き、悩んでいるお母さん・お父さんは多いです。また、産休中の従業員も対応できます。産休中は、初めてのことに不安を抱える日々を過ごしたり、日々起こる体の変化などにより大きなストレスがかかりますので、ラビットマム がサポートに入ることで、そうしたストレスを和らげることができます。
また、育休中も会社からのサポートを継続的に受けることにより、会社との接点を感じることができます。大切な従業員の産休・育休明けの退職を防ぎます。

ラビットマムにはどのような方がいますか?

育児や介護、地域社会との交流などのプライベートの経験が豊富なラビットマム が在籍しています。
また、ラビットマム は紹介制のみの登録のもと以下の条件で選ばれています。子育て経験があり、その子供たちがすでに社会人として自立されているお母さんたちです。

産業カウンセラーなどの従来の職業と何が違いますか?

全く違うサービスになります。ラビットマム は、働くZ世代、ミレニアル世代の声から誕生した新しい役割を担った職業です。産業カウンセラーは、メンタルヘルス領域へのアプローチという認識が広がっているため、心は健康だけれども悩みを抱えている従業員は利用しづらいのが現状です。ラビットマムは、職場で働く人たちのプライベートサポートに特化した職業です。

 
Miki_ラビットマム.jpg

「誰に何と言われても、あなたの人生なのだから、自分のやり方でやればいいのよ」高校受験前の自信を無くした私に、ビリー・ジョエルの歌のフレーズに擬え教えてくれた母の言葉です。それ以降も私が疲れている時、しんどい時、それを言わずとも汲み取り、やさしさのこもった的確な言葉をさりげなくかけてくれました。そんな母は、きっと多くの人のメンターになるのだと期待しています。

​ラビットマム・Mikiさんの長女(ソーシャルワーカー/メルボルン)からの推薦

資料請求、導入のご相談はこちらから

東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27F

arrow&v

送信が完了しました。